AirPods

[アニマルデザインAirPods ケース レビュー]ボタンも押せる&ワイヤレス充電対応している柴犬デザインのAirPodsケース!

animal-design-airpods-case-review-shibainu-eyecatch

どうも。初めてAirPodsケースを購入したつじたくです。

みなさんご存知のようにAirPodsは素晴らしい製品で僕も快適な生活を過ごさせてもらっています。

ただ前々から一つだけ気になることがありました。

それは・・・・・・・

むき出しでAirPodsケースを使っていることです!

AirPodsケースをむき出しで使っていると机は壁にぶつけちゃって傷がつくんじゃないかとヒヤヒヤしています。

そこで初めてAirPodsケースを購入したので、そのことについて書いていきます!

アニマルデザインAirPods ケース|外観と基本情報

柴犬デザインAirPodsの基本情報は下記になります。

対応AirPods2019年発売モデル/ワイヤレス充電対応タイプ、2016年発売モデル
重量81.6 g
サイズ11.7 x 10.4 x 10.4 cm ; 81.6 g
ワイヤレス充電対応

ワイヤレス充電に対応しているのは地味にうれしいですね!

ただしAirPods Proには対応していないので装着できません。そこが注意点です。

つじたく
つじたく
AirPodsProにも対応してほしかった!

次世代モデルに期待しましょう!


アニマルデザインAirPods ケース|装着感

全体の装着感ですが、しっかりとフィットします!

装着したのに使っているとぬるっと外れてしまう。なんてことはまずないと思います。

シリコン製で手に引っ付いてくれる感触もあり、地面に落とす回数も減りそうです!

ただ私は気にならなかったのですが、AirPodsケースを開けようとするとちょっと引っかかる感じがします。

(ちゃんと開けようと少し力を入れると全部開いてくれるので大丈夫ですよ!)

ただ、このアニマルデザインAirPodsケースに限った話ではなく

AirPodsケースを装着している場合、蓋を開ける時に引っかかるのは良くあります。

なので気にしなくて良いと思います。

つじたく
つじたく
ケースを付けることで、かばんからAirPodsを落とす回数が減ったで!

アニマルデザインAirPods ケース|ケースを装着したまま充電もできる

AirPodsケースを装着するとき、気になるのがケースを装着したまま充電できるの?という点ですよね!

その点、このケースは大丈夫です!

後ろのしっぽ部分を上げれば充電ケーブルを差し込めるようになっており、ケースを装着したまま充電可能です。

この状態で充電出来ています。

充電するたびにAirPodsをケースから外して・・・なんてメンドクサイ作業を行わなくて良いのでイイですね!

一つ気になる点としてはケースを使い続けるとしっぽが千切れないか?という点です。

実際に触ると分かるのですが、このしっぽ意外と千切れやすそうなんです。

アニマルデザインAirPods ケース|ケースを装着したままボタンも押せる

画像のようにボタンの押せる部分が分かりやすくなっています。

使用する人は少ないかもしれませんが、AirPods裏側にあるボタンもケースに装着したまま押せる仕様になっています。

アニマルデザインAirPods ケース|まとめ

要約リスト
  • しっかりとAirPodsにフィットする
  • ケースを装着したまま、充電可能(ワイヤレス充電も対応)
  • ケースを装着したまま、ボタンも押せる
  • 使い続けると、しっぽ部分が千切れるかも
  • ケースを装着すると蓋を開けるときに、開けづらくなる可能性がある

アニマルデザインのAirPodsケースはやっぱり可愛いですね!

AirPodsケースをまだ購入していない人は検討してみてはいかがでしょうか?