ブログ運営

Googleアドセンスの審査に9記事で一発合格!7つの合格理由を分析!

どうも。Googleアドセンスに一発合格してハッピーなつじたくです。

合格したのは2019年なんですが、申請したときに公開していた記事数は9記事でした。

年々Googleアドセンスの審査が厳しくなっている中で、なんで9記事で受かったんだろう?

と考えて自分なりに分析してみようと思い、今回の記事を書きました。

恐らくですがGoogleアドセンスは公式で合格基準等を公開していないはずなので

この記事に書いてあるのはあくまで個人の分析・見解によるものになりますのでご容赦くださいm(_ _)m

Googleアドセンスとは?

公式サイトから引用させてもらいますがGoogleアドセンスとは

Google AdSenseは、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス

です。

自分のサイト(ブログ)に広告を掲載してユーザーにクリックしてもらえた場合、広告主から収益をもらえるというサービスです。

掲載される広告は自動で最適なものが表示される優れものです。

ただし、自分のサイト(ブログ)に広告を掲載できるのは審査に合格した場合だけです。

そしてその審査が年々厳しくなっているのが現状です。

つじたく
つじたく
2011年くらいは審査なんかなかった気がするけどな〜

時代は変わっていくで

Googleアドセンスの審査合格理由を分析

Googleアドセンスの審査合格 |  独自ドメインを取得

まずは独自ドメインを取得したことです。コレに関してはほぼ必須になっております。

なぜなら、Googleアドセンスの仕様変更により大手ブログサービス以外のサブドメインでは申請することができなくなってしまったからです。

つじたく
つじたく
昔はそんなことなかったのに・・・

ただ真剣にサイトやブログを運営する方は、Googleアドセンス関係なくドメインを取得すると思いますのであまり問題にはならないと思います。

※2020年1月現在、大手ブログサービスの中でははなてブログは申請可能です。実際に私が所有するはてなブログも申請・合格しました。

Googleアドセンスの審査合格 | WordPressを使用する

このブログはWordPressを使用してます。

GoogleはWordPress公式プラグインを開発していたり、更にGoogle検索の責任者もWordPressを使うことはSEOにも効果があることを認めていたり

WordPressとGoogleは相性が良いことが分かります。

その他にもググるとGoogleとWordPressの仲の良さが分かる記事が多く出てきます。

私もWordPressを使っていたことでGoogle アドセンス合格に一役買っていたのではないかと考えております。

WordPressレンタルサーバーには私も使用している下記がオススメです!↓

wordpress-xserver-reason-eyecatch
[メリット・デメリット解説]wordpressレンタルサーバーにエックスサーバーを選んだ理由どうも。wordpressのレンタルサーバーをどれにしようか悩みに悩んだつじたくです。今このブログはエックスサーバーというレンタルサーバーを借りて、そこにwordpressをインストールして運営しています。レンタルサーバーはいくつも会社があり、初心者にとっては選択肢が多すぎてどれを選べば良いか分からないと思います。...

Googleアドセンスの審査合格 | Googleアドセンス以外の広告を貼らない

Googleアドセンスに申請したときは、

  • 忍者AdMax
  • マイクロアド
  • その他広告、アフィリエイト

などは一切使用していませんでした。

理由は2つあってGoogleがこのサイトを確認したときに

「あ!他(Googleアドセンス以外)の広告やアフィリエイトがいっぱいある!じゃあGoogleアドセンス必要ないよね」

と思われたら嫌だなと考えました。

もう一つは単純にブログ読者が記事を読んでいるときペタペタ広告が貼り付けられていたら印象もよくないだろうと考えたので使用しませんでした。

結果として一発合格できたので良かったのかなと思います。

Googleアドセンスの審査合格 | Googleアドセンスのポリシー違反をしていない

Googleアドセンスにはポリシーがあり、そのポリシーに違反している場合は

審査に合格する可能性は低いでしょう。

Googleサイト運営者/パブリッシャー向けポリシーにも下記のように記載されています。

本ポリシーに違反すると、コンテンツに基づいた広告の表示がブロックされたり、アカウントが停止または閉鎖されたりする場合があります。

 

ではGoogleサイト運営者/パブリッシャー向けポリシーには

どのような内容がポリシー違反だと書かれているのかGoogleアドセンスプログラムポリシーから一部を引用させてもらいます。

  • 知的財産権の侵害
  • 絶滅危惧種
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 不正行為を助長する商品やサービス
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 国際結婚の斡旋
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

 

より詳しく知りたい方はGoogleサイト運営者/パブリッシャー向けポリシーを御覧ください。

上記に該当するサイトやブログの場合、Googlアドセンスに合格する可能性はかなり低いですし、

審査に合格した後に、ポリシー違反に該当する記事を書けばGoogleアドセンスを停止されてしまう可能性が高いです。

そのためブログの内容には気をつけましょう。

つじたく
つじたく
 記事の内容には気をつけようで

Googleアドセンスの審査合格 | 10記事以上は書く

私は9記事書いた時点で申請しましたが、審査に安心して合格したい人は10記事以上は書いたほうが良いと思います。

(てきとーに書いた10記事ではなく、しっかりと書いた10記事ですよ!)

記事数が多ければ多いほど、「お!このサイト(ブログ)やる気あるんだな」と思われる気がしません?私はします笑。

そしてGoogleアドセンス申請中はひたすら待つしかありません。しかも審査には大体二週間かかります。

もしも9記事で審査に落ちた場合

9記事で応募する → Googleアドセンスに申請(二週間待つ) → 審査に落ちたらまた記事を書いて応募する

といった具合にタイムラグが発生してしまいます。

それよりも10記事以上書いて一発合格したほうがタイムラグが発生しなくて良いでしょう。

私の場合は特に急いでいるわけではなかったので9記事を書いた時点で申請して、落ちたらまたゆっくり記事を書いて最申請すればいいや〜くらいに思っていたので9記事で申請しました。

Googleアドセンスの審査合格 | 一つ一つの記事をしっかりと書く

これは必須ですね!

先程も書いたようにてきとーに記事を書いていても審査に合格しません。

文字数が全てではありませんが100文字の記事より1000文字の記事のほうが内容が詳しく書かれている可能性が高いはずです。

私がGoogleアドセンス審査に合格した際に公開されていた9記事の文字数平均は1780文字でした。

このことから、一つの記事に2000文字ほど書いていたほうがよいだろうと個人的には考えております。

Googleアドセンスの審査合格 | ちゃんとサイト(ブログ)を更新する!

これも当たり前といえば当たり前の話なのですが

最終更新日が一年前のサイト(ブログ)と

最終更新日が一日前のサイト(ブログ)があれば後者のほうが審査に合格しやすいですよね?

なのでサイト(ブログ)はちゃんと更新しておきましょう!

Googleアドセンスの審査に9記事で一発合格!7つの合格理由を分析のまとめ

今回の要約です!

要約

独自ドメインを取得

WordPressを使用する

Googleアドセンス以外の広告を貼らない

Googleアドセンスのポリシー違反をしていない

10記事以上は書く

一つ一つの記事をしっかりと書く

ちゃんとサイト(ブログ)を更新する!

このブログに書いてあることを実行しても絶対に審査に合格するわけではありませんが、合格に近づけると思います!

ではまた!