ブログ運営

googleアナリティクスで自アクセスを除外する方法

googleanalytics-self-access-exclusion-eyecatch

どうも。アクセス解析大好きなつじたくです。

みなさんアクセス解析してますか?

当ブログはgoogleアナリティクスを使用してアクセス解析を行っていますが、

その際に煩わしいのが自分自身のアクセスがgoogleアナリティクスに反映されてしまうことです。

アクセスの少ないブログであればあるほどこの影響は大きいはずです。

より正確なアクセス解析を行うためには自アクセスを除外しなければなりません。

というわけで今回はgoogleアナリティクスに自アクセスをカウントさせない方法を紹介します。

Chrome拡張機能を使用する方法

Google Analytics オプトアウト アドオン(by Google)というChrome拡張機能をインストールすることで自アクセスを除外することが出来ます。

設定等なしでインストールするだけで自アクセスを除外することが可能なのでとても簡単です。

インストール方法

Google Analytics オプトアウト アドオン(by Google)にアクセスします。

Chromeに追加をクリックします。

googleanalytics-self-access-exclusion-1

次にポップアップが表示されます。ポップアプの拡張機能を追加をクリックします。

googleanalytics-self-access-exclusion-2

ここまででインストールは完了です。

下記画像のようにChromeから削除しますという文言に変わっている場合

インストールが正常に完了しています。

googleanalytics-self-access-exclusion-3

 

 

つじたく
つじたく
これで設定完了終わりで、もう自アクセスが除外されるようになってるで

シークレットモードでも機能させる

もしシークレットウィンドウでもGoogle Analytics オプトアウト アドオン(by Google)を機能させたい場合は、設定を変更する必要があります。

Chromeブラウザの右上にある下記マークをクリックします。

そして機能拡張を管理をクリック。

googleanalytics-self-access-exclusion-4

 

すると設定画面に遷移されます。

下にスクロールすると下記の設定が表示されていると思います。

シークレットモードでの実行を許可するをクリックしてオンにします。

googleanalytics-self-access-exclusion-5

この設定でシークレットモードでも自アクセスを除外してくれます!

IPアクセスを指定して除外する方法

Googleアナリティクスには特定のIPアドレスからのアクセスを除外する機能がついています。→内部トラフィックの除外

 

この機能を使って自アクセスを除外できます。

IPアドレスの確認

まずは自分が使用しているIPアドレスを確認しましょう。

いっけん難しそうですが、サーバー監視/ネットワーク監視というサイトにアクセスするだけで自分が現在使用しているIPアドレスが確認できます。

googleanalytics-self-access-exclusion-6上記画像の真ん中に11桁ほどの数値が表示されますが、それがIPアドレスです。

あとで使用するのでメモしておきましょう。

googleアナリティクスでIPアドレスで除外設定

googleアナリティクスにログインします。

右下の歯車マークをクリックし、フィルタをクリックします。

googleanalytics-self-access-exclusion-7

フィルタを追加をクリックします。

 

googleanalytics-self-access-exclusion-8

ここで特定のIPアドレスを除外する設定を記述します。

googleanalytics-self-access-exclusion-9
フィルタ名わかりやすい名前を記述
フィルタの種類カスタムを選択
フィルタフィールドIPアドレス
フィルタパターン除外したいIPアドレスを入力

各項目の入力が完了して最後に保存をクリックすれば設定完了です。

これで特定のIPアドレスを除外出来ます。

つじたく
つじたく
こっちの方法はちょっと手間がかかるねん

スマートホンでもアクセスを除外させたい場合

ブログの確認をする際にはPCだけでなく、スマートホンでもブログ表示確認をしたい場合がありますよね。

そんなときは下記方法でスマートホンの自アクセスを除外出来ると思います。

Chromeのデベロッパーツールを使用する

Chromeにはデベロッパーツールというものがあります。

デベロッパーツールを使用することでChrome上でiphoneやandroidを擬似シミュレートすることが可能です。

Chromeブラウザ右上の3つの点をクリックします。

その他のツールデベロッパーツールをクリックします。

googleanalytics-self-access-exclusion-10

すると、下記の画面が表示されるので

①のタブレットアイコンをクリックします。

次に②の部分をクリックすると、スマートホンの種類が表示されるので自分で確認したいスマートホンの選択してください。

以上で設定は完了です。

googleanalytics-self-access-exclusion-11
つじたく
つじたく
これでPC上で擬似的にスマートホンを再現できたで

まとめ

個人なのか法人なのかによって、どの方法を実践するか変わってくると思いますが

ぜひ自分にあった方法を見つけてください〜!