golang

The Go Playgroundが外部import対応したよ!

the-go-playground-support-third-party-imports-eyecatch

どうも。golang大好きなつじたくです。

先日気づいたらThe Go PlaygroundでTest&Exampleが出来るようになっていたのブログを書きましたが

今度は外部importに対応したようです。タイミングがいい。

早速試してみました!

外部importを試してみる

こちらのissueで対応した(openになっているのでもしかして今も対応中?)ようです。

2019年5月14日現在、issueはopenになっていますが内容を読んでいると

外部import(support third-party imports)したコードをThe Go Playgroundに書いて実行できるようです。

このブログを書いてる最中も

already have deployed the new code.

と書き込みがあり、絶賛デプロイ中のようです笑。

早速コードを書いてみました。

package main

import (
	"log"

	"github.com/pkg/errors"
)

func main() {
	log.Println(errors.New("テスト"))
}

===========実行結果===========
2009/11/10 23:00:00 テスト

https://play.golang.org/p/27tmPg5u7jZ

わざとgithub.com/pkg/errorsという外部importを使用しています。

Runしてみると、無事に実行されました。

自動的にimportはしてくれない

この外部importですが

importにチェックを入れて、Formatを押しても自動的にgithubから探してimportしてくれるというような神機能までは備えてないようです笑。

流石に自分でimport部分を書かないといけません。

issueを眺めていると、こんなコードを書いてる猛者もいました。

https://play.golang.org/p/cy1YkpSRtZJ

つじたく
つじたく
The Go Playgroundってここまでガッツリ書いても動くんやね 

まとめ

先日ブログに書いたようにThe Go PlaygroundでTestコードやExampleコードも書けるようになったし、

notice-the-go-playground-test-example-can-run-eyecatch
気づいたらThe Go PlaygroundでTest & Exampleが出来るようになっていたどうも。golang大好きなつじたくです。昔からちょこちょこっとしたgolangのソースコードはThe Go Playgroundで書いたりしていたのですがいつのまにかThe Go PlaygroundでTestコードやExampleコードが書きやすくなっていたので、今回はそのことについて書きたいと思います。...

今回の対応で外部importにも対応したし、確実にThe Go Playgroundは進化してますね!